judo

何かと世間をお騒がせの柔道ですが、
わたしも柔道に携わる身、胸が痛みます。

 

わたしと柔道の出会いは実は3回あります。

今からうん十年前の小学4年生の時、
弟と一緒に高校の武道場で習ったのが最初の出会いです。
あまりに昔過ぎて曖昧な記憶ですが、
きっと親がやらせたんでしょうね。

ただっぴろい畳の道場で、
みんな並んで号令に合わせ、
寝転がって右を向いたり、左を向いたりしながら、
畳をパンパン叩く受け身の練習をしたことを覚えてます。

あの柔道場の畳の独特な匂い、
今も記憶のどこかに消えずにあるんです。

ほら、何年経ってもその匂いをかぐと思い出すことってあるでしょ?
わたしは道場へ入ると、畳の匂いで子供の頃のその風景を思い出すんです。

それから先生の餃子のようにふくれた耳。
寝転がった畳の上から見上げる先生は大きくて、
今でこそ大きなわたしですが、
幼かったその頃は、全部が怖くて嫌で嫌で仕方なく、
いつも道場へ向かう車の中で泣いていたことを覚えています。

そんなんで、わずか半年しか続かなかった柔道ですが、
たった一つ、今でもちゃんと覚えているのは、
柔道衣のたたみ方です。
これだけ。

でも、たったこれだけで充分だったんですよ、今となれば。

 

写真は初めて着た柔道衣と今の柔道衣。
わたしにもこんな小さな時があったんだ…と懐かしくなります。
母親がとっておいたんですね。

今は大事な宝物です。

 

つづきはまた今度…